家庭用EV充電器とは

あるとやっぱり便利!家庭用EV充電器の設置方法を解説

環境への配慮からEV(電気自動車)の普及が進む中、EVをより身近に活用すべく家庭用EV充電器の需要がどんどん高まっています。自宅に家庭用EV充電器を設置することで、充電へ行くという手間を省き、快適にEVを利用することが可能になります。
本記事では、家庭用EV充電器のメリットや充電タイプ、設置方法と費用相場について詳しく解説します。

メリットいっぱい!家庭用EV充電器をおすすめする理由

自宅に家庭用EV充電器を設置することのメリットは多岐にわたりますが、まずは充電の便利さが挙げられます。家庭用EV充電器を設置することで、自宅で手軽にEVを充電することがで木、外出先での充電待ちや充電スポットの混雑を避けることができます。続いて、充電時間の短縮もメリットと言えます。一般的な家庭用コンセントでは充電時間がかかりますが、家庭用EV充電器を使用することで充電時間を短縮することができます。急速充電器を導入すれば、さらに効率的に充電できます。さらに、充電コストの削減も大きなメリットです。家庭用の電気料金が安い時間帯に充電を行うことで、経済的にEVを利用することができます。

家庭用EV充電器、3つの充電タイプそれぞれの利点と適したケースを紹介

家庭用EV充電器には、様々な充電タイプがありますが、ここでは主要な3つのタイプについて、それぞれの特徴と利点、適した利用ケースを紹介します。

1.スローチャージャー

特徴:スローチャージャーは家庭用コンセントに接続して充電を行うタイプの充電器です。一般的な家庭用コンセントでの充電と比べて充電速度はやや速いですが、急速充電には及びません。
利点:安価で導入しやすく、設置が簡単です。
適したケース:日常的な使用や、夜間充電など十分な充電時間が確保できる場合に適しています。

2.ウォールボックス

特徴:ウォールボックスは専用の充電器を設置する必要がありますが、急速充電が可能なタイプです。充電速度が速く、短時間で充電が完了します。
利点:急速充電が可能なため、長距離走行や急な外出が多いユーザーには特に便利です。充電効率が高く、快適な充電環境を提供します。
適したケース:急速充電が必要な長距離ドライブの際や、複数の車両を持つ家庭など、より頻繁な充電が必要な場合に適しています。

3.スマート充電器

特徴:スマート充電器はスマートフォンやネットワークに接続し、充電スケジュールの設定や電力の最適化が可能な充電器です。
利点:充電のタイミングや充電量を管理し、電力の無駄を減らすことができるため電気料金の削減や環境への負荷の低減を実現します。
適したケース:電力消費量を最適化したい場合や、太陽光パネルなどの再生可能エネルギーと組み合わせて使用したい場合に適しています。

家庭用EV充電器の設置方法と費用相場について詳しく解説

家庭用EV充電器を設置する際には、専門家による工事が必要な場合があります。ここでは、工事が必要な場合の具体的な施工内容を解説し、さらにDIYで設置する際の注意点についても触れます。

1.配線工事

家庭用EV充電器を設置するには、まず専用の電気回路が必要です。一般的には、家庭の電気メーターボックスからEV充電器の設置場所までの配線工事が行われます。DIYで配線工事を行う場合は、電気工事士の資格や知識が必要です。誤った配線は火災や感電の危険がありますので、慎重に作業する必要があります。

2.充電器取り付け

配線工事が完了したら、次にEV充電器本体を取り付けます。充電器の取り付け場所は、車両の駐車位置からのアクセス性や充電ケーブルの長さなどを考慮して決定します。DIYで取り付ける場合は、壁や柱に固定する方法や、適切な高さや角度を確保する方法について検討する必要があります。

3.電源の接続

配線工事と充電器の取り付けが完了したら、最後に電源を接続します。DIYで電源を接続する場合は、正しく配線されていることを確認し、充電器の動作をテストする必要があります。また、電源の安全確保や耐久性を考慮して、適切な方法で接続することが重要です。

4.安全対策の確認

DIYで家庭用EV充電器を設置する際には、特に安全対策に注意する必要があります。電気工事に関する知識や経験がない場合は、専門家に相談したり、作業を依頼したりすることを検討しましょう。また、電源の安全確保や適切な保護装置の設置など、安全対策を徹底しましょう。

設置工事の費用相場はどれくらい?

家庭用EV充電器の設置にかかる費用は、施工内容や充電器の種類によって異なりますが、一般的には約10万円から30万円程度が見込まれます。DIYで設置する場合でも、必要な機器や部材の費用、専門家の労働費などを考慮して、細かく予算を見積もることが重要です。また、作業中に予期せぬトラブルが発生した場合に備えて、余裕を持った計画を立てることも大切です。

まとめ

家庭用EV充電器を設置することで、充電の便利さやコストの削減、充電時間の短縮など多くのメリットがあります。さまざまな充電タイプがあり、それぞれの利点や適したケースがありますので、自分の使用状況やニーズに合わせて適切な家庭用EV充電器を選択しましょう。また、設置方法や費用相場についても事前に調査し、適切な対応を行うことが大切です。


関連記事


おすすめランキング


ピックアップ記事

  1. EVのメリット3つ

    2024.04.19

    EV(電気自動車)は課題が山積み?主な課題を3つ解説

    持続可能な社会の実現に向けて、脱炭素の取り組みが幅広く行われていますが、脱炭素に向けた特徴的な取り組…
  2. EUとEV(電気自動車)

    2024.04.18

    EV(電気自動車)に関する欧州(ヨーロッパ)での最近の動向について解説

    EUと欧州議会は2022年10月に二酸化炭素を排出する自動車の販売を2035年に禁止することを決定し…
  3. エコキュートとは

    2024.04.17

    エコキュートって何?わかりやすく解説

    ガス給湯器に代わる給湯システムとして関心を集めている「エコキュート」をご存知でしょうか。最近は、大手…

カレンダー

2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930