スマートメーターとは

太陽光発電のスマートメーターの役割や交換するメリットについて解説

太陽光発電システムを導入して、電力会社に売電を行うためには、売電メーターとよばれる計測機器の設置が必要です。このメーターについて、従来のものとは異なる「スマートメーター」が一般的となってきました。スマートメーターにはどのような特徴があり、古いものから交換することでどんなメリットがあるのでしょうか。今回の記事では、多くの家庭で今後取り付けられるであろうスマートメーターについて、詳しく解説していきます。

そもそもスマートメーター(売電メーター)とは?

皆さんが自宅の屋根などに太陽光発電を設置した場合、どのぐらいの量を売電できているのか、気になりますよね。これから太陽光発電を導入する方は、売電量をチェックする機器としてスマートメーターを取り付けることになるでしょう。
メーターは電力量計の一種です。電力会社から電気を買った量を計測する「買電メーター」という機器もあります。従来は、買電メーターの数値を検針するために、電力会社の職員が各家庭を一軒ずつ訪問して、電気料金の請求額を決定していました。この方法だと、検針を担当する方の負担がとても大きいですよね。よって、現在はスマートメーターへの移行が進んでいます。
スマートメーターとは、デジタル式の電力量計に通信機能を持たせたものです。各家庭に取り付けられるスマートメーターと、管轄する電力会社が通信回線によって繋がるため、双方が回線を通じて電気使用量をほぼリアルタイムで確認できる点が最大のメリットといえます。つまり、今までのように職員が逐一訪問する手間が不要となるわけです。
売電した電力量を計測する売電メーターにおいても、昨今はスマートメーターが一般的です。30分に1回計測され、パソコンやスマートフォンで最新の数値を確認できるようになりました。売電量に大きな変化が生じる場合に、いち早く太陽光発電設備の状況をチェックして故障を防ぐことも可能になると思われます。
また、ブレーカーが落ちた時に手動で分電盤を操作しなければならなかったのですが、スマートメーターだと1分ほど待つと自動的に復旧してくれる機能も兼ね備えています。

太陽光発電のスマートメーターの交換費用はどれくらい?

スマートメーターの取り付け工事は、エリアを管轄する電力会社が請け負います。設置費用は無料なので、私たちが費用を負担することはありません。でもどうして無料で交換してくれるのでしょうか。
理由としては、各電力会社が2020年代後半までに全ての家庭にスマートメーターを設置することを目標に掲げているからです。政府もスマートメーターの導入を推進しており、一般家庭だけでなく工場や施設などにも広く普及させる方針です。取り付けにかかる時間も大体30分程度と短く、作業員の負担も大きくありません。現時点でまだアナログ式のメーターを利用している家庭にも、近い将来必ずスマートメーターに交換するタイミングがやってくるでしょう。
先程も言及したように、スマートメーターに交換すると、電力会社としても電気料金の把握が非常に楽になります。たとえ交換作業のコストを負担したとしても、その後職員が検針目的で各ご家庭を訪問する手間が無くなるので、十分メリットがあるわけです。ちなみに、電力会社によって、停電させて工事を行う場合と、停電させずに行う場合があるようです。買電メーターおよび売電メーターは、10年に一度の交換義務が定められているので、その時期を迎えたご家庭のメーターは優先的に交換していきます。引っ越しなどで居住地が変わり電力会社が変更になるケースや、新築を建てるケースも、優先して設置してくれます。

メーターが1つの場合と2つの場合は何が違うの?

通常、買電メーターと売電メーターは別々に設置します。しかし、スマートメーターの場合、両方の機能を併せ持ったものも存在します。太陽光発電で売電する時には、買電メーターに加えて売電メーターを取り付けなければいけませんでしたが、スマートメーター1台で全ての数値を計量することが可能です。ただし注意点もあります。モニターに表示される数値は、売電量と買電量が数秒ごとに交互に表示されます。表示に矢印が付いているものが売電量、付いていない方が買電量となるので、これを間違えないようにしてください。
もう1つ覚えておきたいのは、この数値は月ごとの計測値ではなく、スマートメーターが取り付けられてから現時点までの合計の売電量ならびに買電量であることです。1ヶ月ごとの計量を把握したい場合、電力会社がリリースする専用アプリなどを利用するか、自分で毎月数値を記録して、算出しなければなりません。慣れるまで、この点が面倒に感じる方もいるのではないでしょうか。

まとめ

スマートメーターは、私たちにとっても電力会社にとってもメリットが大きいため、間違いなく普及が進んでいきます。従来の買電メーターおよび売電メーターを交換する場合、電力会社によっては契約者側が費用を負担することもあるため、これを機にスマートメーターに交換した方がお得でしょう。これまでは月ごとしか把握できなかった電力の流れを、毎日ほぼリアルタイムで確認できるのは、安心であり節電にも繋がると期待できます。
太陽光発電をこれから新たに導入する方は、売電メーターとしてほぼ確実にスマートメーターの設置を提案されるでしょう。数値の見方に注意すべきところはあるものの、有効に活用して太陽光発電に役立ててください。


関連記事


おすすめランキング


ピックアップ記事

  1. 太陽光発電の保険

    2023.01.15

    太陽光発電に関する保険について徹底解説

    昨今、集中豪雨といった異常気象により、自然災害が増えています。記憶に新しいところでは、2018年に発…
  2. Looopでんきと太陽光発電

    2023.01.14

    太陽光発電をお得に導入できるループ電気(Looopでんき)について解説

    ループ電気(Looopでんき)とよばれる電力事業を運営する株式会社Looopは、2011年設立のエネ…
  3. 沖縄の太陽光発電量

    2023.01.12

    南国の地、沖縄は太陽光発電にうってつけ?実情を解説

    沖縄県は、日本最南端に位置する都道府県であり、一年中気温が高い南国の地として知られていますよね。本州…

カレンダー

2023年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728