太陽光発電の悪徳業者

太陽光発電の悪質業者に注意!詐欺に遭わないための見分け方のポイント

住宅用太陽光発電を新たに自宅に導入する場合、発電システムで100万円以上、蓄電池もあわせて設置すると200万円前後かかります。新車を購入するのと同じくらいの費用なのに、業者の比較検討を行わず、どの業者に依頼してもさほど変わらないと勘違いして業者を決めてしまう人もいるようです。金額はもちろん、工事の質やスピード、接客対応も業者によって異なるので、慎重に選ばなければなりません。
太陽光発電システムを導入するうえで最も大切なことは、信頼できる設置業者選びといっても過言ではないほどです。いくら高額で高性能なパネルを設置しても、取り付けが甘くすぐに落ちてしまったり、清掃やメンテナンスが煩雑だったら元も子もありません。
残念ながら、世の中には私たちを騙そうとする悪徳業者も存在しているのは事実です。そういった業者を避け、信頼できる業者を見つけるには、どうしたらよいのでしょうか。本コラムでは、見分けるポイントをいくつか紹介していきます。

騙されないための押さえておきたいポイント1:期間限定であることをやたら煽る

インターネットを閲覧している時、ふと広告で「初期費用0円」「業界最安値」「今だけ○○円」など、いかにも目を引きそうな文言を並べているものを見たことがあるかと思います。太陽光発電システムの設置工事に関しても、多くの企業が参入して競争が激しくなっており、受注を増やすために中には誇大な広告を掲載する業者も少なくありません。悪徳業者は本来期間限定のはずであるキャンペーンやモニター募集を、毎日のように実施しています。
理由は単純。普通に営業するだけでは他社とサービスの質や価格などで競争に勝つことが出来ないからです。様々な部分で劣っているので、細かく比較検討することが面倒だと考えている人を狙っているわけです。
彼らがよく使う台詞として、「モニターとなるご家庭を募集しているので今ならお安くします」「今日契約してもらえれば、エコキュートも無料で設置します」など、お得感を全面に出してなんとか契約を締結しようとします。しかし、本当に他の業者より安いのか、比較していないと判断のしようがないはずです。実際、そういった悪徳業者に依頼しても、他社よりお得になることはありません。

どうしてこういうセールスが横行するかというと、やはり太陽光発電システムの設置費用が高額だから、という点が大きいでしょう。誰しも、なるべく費用をおさえて導入したいと考えます。その心理につけ込んで、「初期費用0円」なんてプロモーションを目にすると、飛びつきたくなる気持ちもわかります。ただ、このケースも、売電収入をローンの返済に充てる仕組みなので本当に”無料”ではないのが実態です。発電量が下がり、売電収入が減ったら、別途金銭の支払いを要求してくるかもしれません。
悪徳業者側からすると、顧客を他社に取られたくないからいち早く契約を成立したいだけです。そんな必要性はまったく無いので、焦らずゆっくり比較検討をしましょう。

騙されないための押さえておきたいポイント2:知識のない若手が電話営業や訪問営業をやっている

悪徳業者の手法として挙げられるのが、電話営業や訪問営業で言葉巧みに相手を騙すことです。彼らには強みとなるようなサービスがないため、電話をかけて他社と比較するのが困難な状況で、自社の売り込みを徹底的に行います。自社製品が他社よりも高いとターゲットに指摘されても、電話越しだと強気に自社のメリットをアピールして、他社のイメージを悪くするようなことを言います。電話の受け手が焦って冷静な判断がしにくい状況まで追い込んだら、あとは上記の「期間限定」「初期費用0円」といった甘い文言をだし、契約を結ばせようと仕掛けてくるのです。
また、悪徳業者はブラック企業であることが多く、離職率が高いのが特徴です。つまり、経験豊富なベテランが少なく、未経験の新入社員が多く在籍する傾向にあります。不特定多数の顧客候補に片っ端から営業電話をするので、営業マンを酷使します。商品に自信がない業者ほど、離職率が高くなり、さらにサービスの質が落ちるのです。一例として、会社創業から5年以上経っているのに、営業マンが入社1年以内の場合は警戒すべきと言われています。会社立ち上げ時にいた社員の大半が退社したのなら、何かしら問題を抱えた会社である可能性が高いからです。
たとえ若手社員が営業するにしても、優良企業なら太陽光発電の専門家やベテラン社員が同伴するのではないでしょうか。分からないことや困ったことがあった時に、すぐに質問や相談できる環境なら、設置する側も安心が持てます。逆に、太陽光発電の業者なのに専門知識を持つ人がいないのなら要注意です。製品について相談を持ちかけた時に、「とりあえず今回はこれにしておきましょう」などと適当な返答をする担当者がいる企業は悪徳業者の恐れがあります。

騙されないための押さえておきたいポイント3:契約を急がせる

悪徳業者は価格やサービスで勝負できないことを自分たちが一番理解しています。だからこそ、他社と比較検討されることを嫌い、あの手この手で早く契約を取ろうと必死になるわけです。とはいえ、訪問販売や電話営業をするにしても、社員に人件費を支給しなければなりません。もちろん社員も、上司から相当なプレッシャーをかけられた状態で営業をやっており、契約が取れなければ解雇だと脅されているかもしれません。せっかく営業を頑張っているのに、最後の最後で他社に顧客が流れては、悪徳業者にとって利益はでません。
よくあるパターンとして、「もう少し他の業者と比較検討してから決めたい」と言った時、悪徳業者は抵抗感を示したり、必死になって勧誘を続けるでしょう。ここで逃したらダメだと焦るからです。もしそのような兆候が見られたら、悪徳業者とみなして断るようにしましょう。タチの悪い業者だと、「今契約しないと値段が上がってしまう」など、かなり強引に押し切ろうとするケースも報告されているのです。もし悪徳業者と契約してしまうと、アフターメンテナンスもしっかり行ってもらえるか分かりません。
太陽光発電システム設置後も長い付き合いになるであろう業者ですから、事前に確認しておいた方が良いポイントを列挙します。

●実績数や施工例を確認
●営業年数を確認
●施工保険加入を確認

優良な業者でないと、ソーラーパネルの汚れ除去やメンテナンスなど、手間のかかる作業を丁寧にやってもらえないので、業者選びは本当に大切なのです。

まとめ

これまで、いくつか悪徳業者の特徴について説明してきましたが、最後に押さえておきたいポイントをまとめたいと思います。

●名刺を渡さない
●即断即決を迫る
●太陽光発電の知識が乏しい
●項目別見積もりが書かれていない
●見積もり金額に端数が無い
●比較検討をさせない

いずれかに該当する業者は、悪徳業者の恐れがありますので、すぐに返答をせず、他の業者と必ず比較検討するようにしてください。複数の業者から見積りを取ってもらうことで、相場もある程度分かり、明らかに高額、もしくは安価な製品を疑えるようになるでしょう。信頼できる業者は、施工業者間で競争しあっているため見積もりが安くなりやすく、営業電話もないうえ、納得できなければ簡単に断ることができます。それに加えて、電気工事士などの必要資格やメーカー認定の専門家が在籍しており、過剰なセールストークもありません。自社の製品に自信があるので、親身になって話を聞いてくれます。返答をやたら焦らすこともないはずです。太陽光発電の業者は多数存在しますので、判断を間違えないよう時間をかけて選び、優良企業と長く信頼関係を築くようにしましょう。


関連記事


おすすめランキング


ピックアップ記事

  1. 停電時の太陽光発電

    2022.09.12

    太陽光発電で貯めた電気は停電時どうなるの?調べてみた

    今や、自宅で使用するほとんどの製品は、電気を必要としますよね。オール電化といわれる、ガスなどを使用せ…
  2. 太陽光発電の撤去作業

    2022.09.11

    太陽光発電を辞めるとき、撤去費用はどれくらい?調べてみた

    日本国内にて住宅用太陽光発電の導入件数は、は2022年時点で推定300万件に達しています。投資目的の…
  3. 太陽光発電とEV

    2022.09.10

    太陽光発電は電気自動車(EV)とも相性抜群!EV充電について調べてみた

    世界的に、ガソリン車から電気自動車(EV)へのシフトが加速しています。EU諸国では、2040年までに…

カレンダー

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31